<< 冷たいくらい | main | 霧雨 >>

献血と自転車

 今日は午前中にウォーキングに出かけ、帰りに献血をしてきました。暑くもなくて献血の負担は少ないと思う時期ですが、献血ルームは人が少なかったです。
 午後に自転車で出かけようとしたらタイヤがペチャンコ…。調べるとバルブの虫ゴムがだめになっていたので交換しました。
 夕方にWiiフィット プラスの有酸素運動もしました。
【歩数】14,646歩
【消費カロリー】392キロカロリー
 (オムロンウォーキングスタイル HJ-203の計測値)
【体重】63.4kg
【食事】
  • 朝食:ご飯、味噌汁、ベーコン&エッグ、ブロッコリー、梅干
  • 昼食:ピザ、ミートパイ、コーヒー
  • 夕食:そうめん、冷シャブ、梅干
  • 間食:アロエヨーグルト青汁梅酒、コーヒー
 Amazonで『銀の匙 Silver Spoon〈8〉』を予約しました。
 
JUGEMテーマ:健康

スポンサーサイト

  • 2017.11.21 Tuesday
  • -
  • 00:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
初めまして。私も月に1、2回、成分献血(私はA型)をしていて、骨髄移植のドナー登録もしています(^_^)/
それで、人を助ける方法が、献血や募金以外にもあるので、それをお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉に使われています。 私は、献血でもらった景品も、自分では使わない物は、ここに送っています。
 このセンターでは、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。 
 バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、社会貢献のお役に立ってもらいたいので(^^)
  • 私もよく成分献血をしています
  • 2013/07/01 5:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
おすすめ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM